インタビュー

スリランカで国際交流の場を作りたい〜創設者エシャンタさんに聞く〜

SPUTNIK INTERNATIONAL(スプートニク インターナショナル)

 

今回はスリランカのクルネーガラで日本語学校、女児孤児園(ガールズホーム)等を運営し、「国際交流・教育支援」をテーマに活動する「SPUTNIK INTERNATIONAL」の創設者エシャンタ・アーリヤダーサさんにお話を聞きました。

 

・「SPUTNIK INTERNATIONAL」の創設までについて教えて下さい。

→私が18歳の時にAFSという留学団体を通じてニュージーランドに留学しました。その時に秋沢淳子さん(現TBSアナウンサー)を始め、世界各国から約200名の人と交流する機会がありました。英語が流暢に話せなかった私は得意だったスポーツを通じてたくさんの友だちができました。言葉が通じなくてもスポーツで通じ合えること、もちろん言語の大切さも知りました。スリランカからは8名しか参加していなかったので、とても貴重な体験でした。スリランカはまだまだ貧しい国でしたから国際交流が身近にありませんでした。この経験がきっかけでスリランカに国際交流の場を作りたいと思うようになり、23歳の時に初めて日本に行きました。2年間の日本での留学の後、スリランカに戻り大学に4年間行きました。卒業後、さらに日本語を磨きたいという思いから2回目の日本への留学を決め、東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程に入学することができました。大学院生活は想像以上に大変で、日本語で修士論文を書くのにとても苦労しました。大学院卒業後はスリランカで国際交流の場を作るという夢を叶えたいと思い、AFS留学の時から親交がある秋沢さんに相談し、秋沢さんの協力のもと「SPUTNIK INTERNATIONAL」を創設しました。

 

・「SUPTNIK INTERNATIONAL 」の活動内容について教えて下さい。

→図書館、日本語学校、ガールズホーム(女児孤児園)の運営、ゴミの分別や清掃活動等の活動を行なっています。

(図書館の様子)

(徹底されたゴミの分別)

 

・ガールズホームについて詳しく教えて下さい。

→2007年からガールズホームの運営を始めました。対象は5〜19歳の女の子です。現在は20人の女の子がガールズホームで生活をしています。両親がいない子、片親の子、虐待をされていた子等、様々なバックグラウンドを持った子どもがいます。自分の家をモデルにガールズホームの運営をしていて、私はいつも20人の親だと思って接しています。20人の子どもたちのために銀行口座を開設し、毎月200ルピーずつ一人一人に貯金しているのも特徴です。

(ガールズホームの食堂)

(ガールズホームでの決まりやルールが書かれている)

 

・日本語学校について詳しく教えて下さい。

→スリランカでは国立の大学が15校しかありません。大学入試資格が得られるA/L試験は毎年約12万人が受験し約7万人が合格しますが、大学に限りがあるため実際に入学できるのは約2万人です。私は幸いにも大学に入学できて、充実した大学生活を送りました。この経験から未来を担う子どもたちのために大学に入学できるチャンスを増やしたいと考え、日本語学校の運営を始めました。私たちの日本語学校では、8ヶ月間ここの日本語学校で勉強し日本へ留学します。その後、提携している大学の別科に1年間通い、正式に大学に入学できるシステムを作っています。私たちの日本語学校では日本人の先生がいるので、日本で日本語学校に通うのと同じ質で経済的負担を減らせるようになっています。

(遠方から通う生徒のために寮も完備している)

(多目的ルーム)

(運動会の様子)

(日本語学校の生徒と先生)

 

・最後に今後の展望について聞かせて下さい。

今も今後も国際交流を通して世界平和を目指すことに変わりはありません。私は自身の経験からスポーツと言語が大切だと思っています。今後は日本語だけでなく英語も学ぶことができる場を作りたいと思っています。最近では日本語学校の新しい校舎ができましたから、現在使われている校舎を幼稚園にしたいと思っています。そうすることで、小さい頃から国際感覚を身につけることができると思っています。また、今年の6月には一般の子供たちが誰でも遊ぶことができる公園がオープンする予定です。

(日本語学校の新校舎)

(6月オープン予定の公園)

 

「SPUTNIK INTERNATIONAL」ではスリランカで国際協力活動をしたいボランティアの方を随時募集しています。日本語学校で日本語を教えるボランティアやガールズホームの子ども達と交流しませんか?ガールズホームや日本語学校の生徒の家でホームステイもできます。

詳しくはウェブサイトをご確認ください。http://sputnik-international.jp/


住所:Negombo Road, Gepallawa, Uhumiya, Kurunegala

ガールズホーム

ウェブサイト:http://sputnik-international.jp/

関連記事

  1. 駐日スリランカ大使館 特命全権大使 ダンミカ ディサーナーヤカ閣…
  2. 女性の自活を支援するShakti
  3. ジュエリー・アクセサリーセレクトショップEiland Glans…
  4. The Innovators Vol.1 「パラダイスロード創業…
  5. 第2回ソーシャルビジネス 障害者雇用のクッキー「HOPE」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP